勝沼 ぶどう狩り

山梨とぶどうとワインの可能性

本日、東仲倶楽部にて農業の6次産業化の話を聞いてきました。

そこで出合ったのがこれらです



その中でもこれは革新的でした。



何かと申しますとワインの絞りかすをもう一度加工したワインペーストです。

最近ではワインの絞りかすを食べさせて育てたワイン豚なのもありはしましたが
ワインの絞りかすというのは産業廃棄物レベルでワイナリーさんも処分に困っているものでした。

それがこんな食材になるというのは驚きです。
ぶどうは世界一栽培面積の多い果物でありその80%はワイン原料となれば膨大な絞りかすが出るわけですから
なにやらワクワクする話に思えました。

ちなみに味はぶどうジャムの水分をもう少し飛ばした感じでおいししかったですよ。
またソースなんかに使っても良いようなんで家でもちょっと使ってみてみようと思います。


«  山梨とぶどうとワインの可能性  »

本日のぶどう販売品種 new

         




ぶどう狩り可能品種                      


 
2018年度の営業はぶどう完売をもって
10月6日で終了致しました。ありがとうございました。

 
10/7更新                 


ぶどうの品種一覧

品種紹介の見方     ぶどう品種一覧    ぶどう生育情報
  
                                          

ぶどう狩り おすすめ トピック


シャインマスカットの正しい選び方     ぶどう狩りとワンちゃん

ぶどう狩りコメントはこちら        よくある質問Q&A

雨天時のぶどう狩り            送料変更のお知らせ

山梨 ぶどう狩り お客様口コミ

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。

コメントする