ぶどうが出来るまで@袋かけ

このシリーズもいよいよ大詰めになってきました。

この作業はぶどう狩りに行かれた事がある方ならば

一度は見たことがあると思います。

私も、良くお客さんに『袋かけ大変ですね』と

声をかけていただきます。

ではどのようにするのか!?(と言ってもとっても簡単)

image

まず袋を広げその中にぶどうを入れます。

image

そして、袋の端に金具がついていますので

それをクルクルとぶどうの軸にまいて終了です。

image

ぶどうが袋に入りますとほとんどの品種はそこで収穫時期に

なるまでまちますのでぶどう農家としては

ひと段落できるので好きな仕事です♪

ここからが大事な話なのですが、

『なぜ袋をかけるのか??』

理由は二つあります

一つ目は、ぶどうを袋に入れ外界と遮断することにより

虫・病気から守ってもらえます。

二つ目は、ぶどうの房に農薬がかからないようにする為です。

ぶどうは袋かけ後にも葉っぱに農薬散布します

しかし、ぶどうの房はもう完成し袋に入れてしまえば

農薬をブドウの房自体に散布する必要が無くなります。

農薬=化学防除

袋・笠=物理防除

とWでぶどうを守っています。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる