カッタクルガンの最終収量調整 2013

おはようございます。

お盆も中日を迎えていますが

今朝は本当に涼しいさわやかな感じで

相変わらず朝起きれない勝沼ぶどう狩り園@四代目です(眠)

連日、多数のお客様にご来園頂きありがとうございます。

この場を借りてお礼申し上げます。

と言うことで記事の内容ですが・・・・

久保田園のガラスのエースカッタクルガン君

image

2013年度も昨年に続き良い感じに大きくなっています♪

しかしながらこのブドウは・・・・

image

実は他のブドウと違ってすべての作業が終わった後に

収穫量調整します

実際に落としたカッタの数量はおよそ・・・・・・

300kg(汗)

単価で言いますと1㎏1500円ですので・・・・・

45万円(驚)

と言っても元々多めに実らせていますので

普通の収穫量にしただけなんですが。

もしここでビビッて収穫量調整をしないと・・・・

不味いカッタクルガンが出来てしまうので心を鬼にして

しっかり落としますが本当に神経が磨り減る仕事です(泣)

では、なぜ全ての作業が終わっているこの時期に

房を落とすのかと言いますと(通常は作業途中で最終調整します)

image

こんな感じで粒の大きさがバラバラなんです(汗)

image

一番大きい物と小さい物ではおよそ別のブドウです(滝汗)

このカッタクルガンはこの時期にならないと粒の大きさがわからないので

(だいぶわかるようにはなってきましたが難しい)成長を見届けてから

収量調整してます。

これによりものすごいコストが発生しますが

やっぱりカッタクルガンを待っているたくさんの客さんに届けたいと

頑張っております♪

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる