農薬 除草剤

久保田園では環境にやさしい農業を目指しています。

そのためにエコファーマーにも登録しています。

・農薬

ぶどうは果物の中でもとても病気に弱く、

無農薬で栽培すると約5%ほどしか収穫できないといわれています。

しかし出来る限り減らす努力は必要です。

農薬には『規定回数・規定倍率・規定散布量』が定められています。

久保田園では規定回数・規定倍率も減らしつつ規定散布量も抑えた


【減農薬】栽培を目指しています。

・除草剤

久保田園では30年近く除草剤を極力使わないように


【草生栽培】に取り組んでいます。

草生栽培とはあえて草を生やしそれを刈り取る。

そしてその刈り取られた草がバクテリアにより分解され肥料になる。

これにより土壌をより自然な状態なサイクルにする【循環型農業】です。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる