ぶどう狩り園-冬のお仕事/剪定道具編

こんにちわ^^

前回、前々回とぶどうの剪定について書かせていただきましたので

今回はその仕事を支える道具を紹介したいと思います。

この下の写真が私が使う剪定セットです♪

image

これではわかりにくいと思いますので一つづつ紹介します。

image

まずはやはり一番大事な剪定バサミです。

私は福善刃物工業株式会社のKS200果樹剪定鋏を使っています。

これは珍しいステンレスの刃なんですが中々の切れ味で、しかも切味が落ちにくく使いやすいです。

image

そして木を切るといえばやっぱりのこぎりですね♪

私のはSILKYのZUBATです。

こののこぎりは刃がカーブしていて技術がなくても良く切れ

何よりデザインがGOODです♪どうせならかっこいいもの使いたいミーハーな私(汗)

image

そして最近のこぎりの仕事を奪いまくっているこのふと枝切りはさみです。

剪定はさみで切れないものはのこぎりか、ふと枝切りはさみを使うのですが

以前のふと枝切りはさみは長くて重いので持ち歩き不能でした(汗)

しかしこの写真のものは短く軽いのに以前のものと遜色ない程度に切れる

ので最近はのこぎり君の仕事まで奪いまくっています(汗)

ちなみにこの商品は

FISKARS ふと枝切りはさみ パワーギア45というのですがデザインもよく大変重宝しています。

image

最後がこれです。

木を切ったまま切り口を放置しておくと病気やら虫やらに入られよくありません。

と言う事で簡単に言うと木の塗るタイプのばんそうこうです。

以上がぶどう狩り園4代目の剪定道具セットでした。

  • URLをコピーしました!
目次
閉じる